17.04.26(Wed)

GWは名古屋へ!オープンしたばかりLEGOLAND® JAPANの見どころをご紹介

加藤朋美

加藤朋美 フリーランス ライター・エディター

ファッション誌の編集を経て、フリーのライター・エディターとして、ママ雑誌やWEBサイトで執筆。湾岸エリア在住の一児の母。子連れスポットや親子ファッション、ホームパーティ情報など、ママに役立つ情報をお届け。2015年に保育...

      

日本初上陸となる、屋外型のテーマパーク、LEGOLAND® JAPANが4月1日に名古屋にオープンしました!今回は気になるテーマパークの見どころをご紹介します。GWのお出かけにいかがですか?

レゴランド・ディスカバリー・センターとはどう違うの?

屋内施設のレゴランド・ディスカバリー・センターとは異なり、世界7か国8か国目となる屋外型のテーマパークです。総面積は東京ドーム3つ分の9.3ヘクタール!2~12歳までの子どもと家族が対象で、7つのエリアと40を超えるアトラクションやショーでLEGO®の世界観を体験できます。パーク内ではいたる所にレゴ®ブロックを使った巨大なオブジェが。使用した数はなんと1,700万個!名古屋駅から約25分の金城ふ頭駅が最寄り駅です。

   

どんなアトラクションがあるの?

高さはおよそ50m。レゴランド®・ジャパンを一望できるシンボルタワー「オブザベーション・タワー」

ドラゴンに乗って大冒険できる「ザ・ドラゴン」。たくさんの動くレゴ®モデルを通り抜けるスリル満点なアトラクション。

 

みんなで力を合わせてレゴ®消防車に乗って燃えるビルを消火する「レスキュー・アカデミー」

レゴ®ブロックモチーフのユニークなメリーゴーランド「ブリック・パーティ」

小さい子でも安心して遊べる!

デュプロ®・バレー内を駆け巡るデュプロ®・ブロックの汽車で歩き疲れたらひと休み

港町をモチーフにしたプレイエリア「ザ・ワーフ」

想像力や創作意欲を刺激する作るコーナーも!

レゴ®・ブロックがどうやって作られるのかを見学できる、「レゴ®・ファクトリー・ツアー」。最後に工場から出来立てのレゴ®・ブロックがもらえます!他にも、秘密の部屋でレゴ®ブロックで自由に遊べる「シークレット・チャンバー・オブ・アムセトラ」も。天気が悪い日や寒くなってからも遊べます。

 

名古屋ならではの食べ物も要チェック!

思わず組み立てたくなるレゴ®ブロックモチーフのポテト。LEGO®ポテト 450

カラフルなスラッシュドリンクは自分好みでアレンジもOK。アボミナブル・スラッシュ スーベニア付き 1,000

名古屋といえば!の小倉あんトッピング。フレンチトースト あんことホイップクリーム 400

他にもプログラミングが学べるワークショップやシアターショーなど一日では周りきれないくらい見どころがいっぱいです。アトラクションの身長・年齢制限、営業時間などの詳細は公式サイトでチェックして!

公式サイト