14.11.20(Thu)

虫歯菌だけじゃなかった!細菌だらけの親のキス

babytopia

babytopia

日本で初めてのキュレーション型育児サイト。育児スキルの向上に役立つ最先端の研究結果や、海外で話題の最新育児ニュースなどを厳選してお届けしています。

baby-cavity

赤ちゃんとキスをすると、虫歯菌をはじめ、様々な細菌が親から赤ちゃんに移ってしまうことはよく知られています。しかし、どれほどの量の細菌が移動するかは知らない方も多いと思います。
虫歯になるメカニズム
そもそもヒトは何故虫歯になるのでしょうか?虫歯はミュータンス菌(通称「虫歯菌」)という細菌の感染によって引き起こされる感染症の一種で、インフルエンザなどと同じく、唾液を通じて親から子に感染します。キスに限らず、食べ物を租借したり、コップや箸を共有することによっても赤ちゃんはミュータンス菌に感染してしまいます。ミュータンス菌は食べカスに含まれる糖分を栄養源として酸を作り、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かして、歯に穴をあけてしまいます。親がミュータンス菌を多く保有しているほど、赤ちゃんの感染リスクが高まるため、親は自分の口内を清潔に保つことが重要です。