• TEND TOP >
  • PARENTING>
  • LITTLE KIDS>
  • 英語の早期教育にちょっと待った!?幼少期のバイリンガル・マルチリンガル教育が世間から否定されるワケ。

15.12.14(Mon)

英語の早期教育にちょっと待った!?幼少期のバイリンガル・マルチリンガル教育が世間から否定されるワケ。

グローリア

グローリア

ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイト

shutterstock_256956244

我が家は、カナダ・台湾・日本の3拠点で「5歳までに5ヶ国語」をテーマに多言語・多文化教育に取り組んでいます。 3歳4ヶ月になる長男は、現在家庭内で 日本語(祖母・母) 北京語(祖父・父) スペイン語(オペアのメキシコ人ベビーシッター) で会話しています。
さらに、フランス語の保育園に通い、外の環境(乗馬やアイススケートの習い事、家や車でのDVD・テレビ、親戚付き合いなど)では台湾のインターナショナルプリスクールで導入した英語を継続活用しています。 このようにして、子ども達は常に5ヶ国語で生活しています。