17.02.15(Wed)

予防接種も安心! 子どもが20歳になるまで使える母子手帳のメリット

woman excite mama

woman excite mama

ママサークルやおでかけ情報、先輩ママ達が発信する情報サイト。妊娠、出産から、子育てや教育のノウハウなど、ママが経験したリアルな内容をお届け。

こんにちは、ママライターのパピルスです! インフルエンザが全国的に猛威をふるっていますね。筆者の住む地域でも学級閉鎖の話をあちこちで聞くようになりました。 受験生のいるご家庭では一家全員、予防接種をしておられる家庭も多いようです。 子どものインフルエンザの予防接種で必要なのが“母子手帳”ですね。 一般的な母子手帳は6歳まで記載できるような内容に作られていますが、6歳を過ぎてもインフルエンザの予防接種の際には母子手帳が必要になります 。 予防接種や身長体重の記録など、「6歳を過ぎても記録できる母子手帳があったら良いのにな」と思われる方もいらっしゃるのでは? そんな方に朗報です!このたび20歳になるまで記録できる母子手帳(母子健康手帳)が発売されましたので、そのメリットをお伝えしたいと思います。