13.10.18(Fri)

注目のビスケットサンドが渋谷で味わえる「チェルシーカフェ」

tend Editorial Team

tend Editorial Team

渋谷・道玄坂上坂にある店鋪。明るい日差しと吹き抜ける風の気持ちよい場所

渋谷・道玄坂上坂にある店鋪。明るい日差しと吹き抜ける風の気持ちよい場所

10月16(水)、東京・渋谷駅直結のマークシティ内に話題の『ビスケットサンド』を提供する「チェルシーカフェ 渋谷マークシティ店」がオープンしました。SUPER SWEETS編集部はオープン前日のレセプションパーティにご招待いただきました。 『ビスケット』とは、英国式スコーンに似た形の、外側はサクサクで中はふっくらした食感のパンのアメリカ式の呼び名です。もともとアメリカ南部などの家庭料理の朝食では、大きなビスケットにベーコンやチキンをはさみ、たっぷりのソースをかけて食べる『ビスケットサンド』が定番スタイルでした。近年、北米西海岸ポートランドにビスケットサンド専門店がオープンし大人気となるなど、注目を集めています。
2

落ち着いたトーンで、大人もくつろげる空間

「チェルシーカフェ 渋谷マークシティ店」は、新宿、浦和、たまプラーザに続く4店舗目のチェルシーカフェ。 渋谷マークシティ店は個性的なインテリアも使いながらシックな大人向け空間にデザインされたおり、女性ひとりでも軽くお酒を飲みたくなる雰囲気。ワインのほか、リンゴを使った樽生シードルもいただけるそうです。
3

『ChelseaCafe The Biscuitsand / 』(980円)チキンナゲット、ベーコン、オマール海老ソース

今回は特別に、看板商品『ビスケットサンド』の中から、お食事メニュー『ChelseaCafe The Biscuitsand』と、スイーツメニュー『Fresh Blueberry & Strawberry Jam Biscuitsand』を、試食させて頂きました。 店名を冠したメニュー『ChelseaCafe The Biscuitsand』は、チキンナゲットとクリスピーベーコンがサンドされ、お皿いっぱいのオマール海老のクリームソースとともに頂く一皿です。一口食べて、これが看板メニューであることに納得。チキンナゲットは柔らかくジューシー、オマール海老のソースは芳醇な香り。外はサクサク中はふんわりのビスケットが、アメリカのママの味から、レストランの味へ変身しました。