13.12.16(Mon)

パリの街を彩る高級ホテルのゴージャスなブッシュ・ド・ノエル

tend Editorial Team

tend Editorial Team

「パーク・ハイアット・パリ・バンドーム」のスノードーム。雪降る妖精の国の森のよう。

「パーク・ハイアット・パリ・バンドーム」のスノードーム。雪降る妖精の国の森のよう。

パリの街に今年もクリスマスがやってきました。クリスマスの時期には各店が競って「Bûche de Noël(ブッシュ・ド・ノエル)」を発表します。 ブッシュ・ド・ノエルはフランス流クリスマスケーキで、その意味は「クリスマスの薪」。その名のとおり、薪(木の切り株)のような形をしているのが伝統的なフォルムです。歴史を遡ると、クリスマスにキリストの誕生を祝って、夜通し暖炉で薪を燃やす習慣があったことから始まるようです。そしてその灰は、一年の災厄から家を守るといわれていました。そんな縁起の良い薪から、食卓に乗るクリスマスケーキも薪の形になったようです。 昔は、薄く焼いたビスキュイにクリームを重ねてロールケーキのように巻いたまるで木の年輪のようにしたブッシュ・ド・ノエルが主流でしたが、近年はそんなクラシックなブッシュを見ることは滅多になくなりました。最近はパティスリーもモダンになってきたこともあって、各パティシエがパーソナリティーを競う作品となっているのがブッシュ・ド・ノエルです。 今年のブッシュ・ド・ノエルの傾向は、高級ホテルによるゴージャスなイメージを込めたブッシュ・ド・ノエルでしょう。

マンダリン・オリエンタル・パリ

キャプション2

マンダリン・オリエンタルのラッキーナンバー「8」をデザインに。

まずは「マンダリン・オリエンタル・パリ」。料理長は、フランスの分子料理(キュイジーヌ・モレキュール)を牽引してきたことで知られるティエリー・マルクスですが、パティシエのピエール・マチューによるパティスリーも秀逸。 マンダリン・オリエンタルのエンブレム的な数字「8」のデザインで、チョコレートとヘーゼルナッツのクルスティアンの上に、シャルトルーズのシロップを浸したビスキュイを重ね、ミルクチョコレートのクレムー、プラリネ風味のチョコレートムース、砕いたシュトロイゼルで覆っています。シャルトルーズのリキュールとチョコレートの組み合わせで、とても大人っぽいお味。

店鋪情報

名称: Mandarin Oriental Paris/マンダリン・オリエンタル・パリ
住所: 251 rue Saint Honoré 75001 Paris