13.08.05(Mon)

ベルギーのクラシックデセール「ダム・ブランシュ」の最新スタイル

tend Editorial Team

tend Editorial Team

さまざまなスタイルの「ダム・ブランシュ」

さまざまなスタイルの「ダム・ブランシュ」

ベルギーのカフェやレストランで頻繁に見かける「ダム・ブランシュ」は、ベルギーで昔から愛されている、「白い貴婦人」という意味のクラシックスイーツ。ヴァニラアイスクリームに生クリームを添え、濃厚なホットチョコレートを上からかけて頂くというシンプルなデザートで、お店でも家庭でも良く食されています。 ベルギーっ子はムール貝やフリットなどしっかりした料理のあとにダム・ブランシュとコーヒーでディナーを締めくくるのが習慣。今回は個性的なアレンジが加わったアントワープのダム・ブランシュを、3店鋪紹介いたします。

Désiré de Lille (デズィレ・ドゥ・リール)

(上)木枠に大きなガラス窓、店に入ると左手に大きなオープンキッチン。更に奥へ進むと、裏には広々としたガーデンテラス。総客席数350席の広い店内、 緑に囲まれたテラスには、家族連れ、学生、観光客、老夫婦などあらゆる客層で賑わう。/(下)フランス・リールの出身のお祖父さんが始めたレストラン。世代交代するたび に拡大していった店をこれからも守っていきたいというマーク氏とタマラさん。

(上)総客席数350席の広い店内、 緑に囲まれたテラスは、家族連れ、学生、観光客、老夫婦などで賑わう。/(下)代々受け継ぐ店をこれからも守っていきたいというマーク氏とタマラさん。

アントワープ中心地にあるデズィレ・ドゥ・リールはアントワープの有名なワッフル専門店。創業は1903年、街から街へと移動するお祭りの屋台でスイーツを出したのがこのレストランの始まり。お祭りの限定期間のみならず、常にここのスイーツが食べたいという客のリクエストに応じ、アントワープの中心地に1987年カフェレストランをオープン。 今は3代目のマーク氏とマーク氏の娘タマラさんで切り盛りしています。軽食も出していますが、メニューの大半はアイスクリーム、シャーベット、ミルクシェイク、パンケーキなどスイーツが中心です。 特に評判が良いのがブリュッセルワッフル。なかでも名物「ワッフル・ダム・ブランシュ」は、毎日つくられる自家製アイスクリームと生クリームを焼きたてのワッフルの上にのせ、上からホットチョコレートを惜しみなくかけた人気アイテム。
キャプション

レストランの看板メニュー。ボリュームたっぷりのダム・ブランシュは6.8 ユーロ。

あつあつ、サクサクのワッフルの上に、濃厚なヴァニラアイスクリームとチョコレートがとろっと溶け、熱さと冷たさが混じり合い、濃厚な甘さにうっとり。 ワッフル、アイスクリーム、チョコレートとベルギーの代表スイーツが堂々とひとつのプレートに合わさった欲張りスイーツです。

店舗情報

店鋪名: Désiré de Lille (デズィレ・ドゥ・リール)
住所: Schrijnwerkersstraat 16 2000 Antwerpen
営業時間: 9:00〜22:00 (7月1日〜8月31日), 9:00〜20:00 (9月1日〜6 月30日、日〜木)、 9:00〜22:00 (9月1日〜6月30日、金・土)
電話番号: +32 32 33 62 26
Webサイト: http://www.desiredelille.be/