13.07.22(Mon)

日本人パティシエールがパリで初めてのシフォンケーキ店をオープン

tend Editorial Team

tend Editorial Team

ルロワ彩さん。東京ではベージュなどで経験をした実力の持ち主で、ユーリン・リーとの出会いから、シフォンケーキに挑戦。

ルロワ彩さん。東京ではベージュなどで経験をした実力の持ち主で、ユーリン・リーとの出会いから、シフォンケーキに挑戦。

2013年7月、パリに初めてのシフォンケーキ店がオープンしました。名前は“シエル”、日本語で“空”という意味です。ミシュラン1つ星レストラン“ソラ”のオーナーでもあるユーリン・リーさんと、フランス在住の日本人パティシエール、ルロワ彩さんがオープンした店です。

リーさんが“ソラ”をオープンしたときの店のコンセプトが「軽やかさ」で、このシフォンケーキの店でも「軽やかさ」を目指しているとのこと。それで、ソラ→空→シエルとなったのだそうです。

キャプション2

カラフルなエンジェルケーキが並ぶ。左からキャラメル&バニラ、チョコレート、柚子、プラリーヌ・ローズ、フランボワーズ、抹茶。

ルロワさんは、日本ではアラン・デュカスの“ベージュ”などで経験を積んだパティシエールで、2010年に渡仏し、同じくデュカスグループの“ジュール・ベルヌ”、ティエリー・マルクス率いる“マンダリン・ホテル”のレストラン“サチュルヌ”などで、旬なレストランのデザートを肌で感じてきました。

もともとはソラのお客だったルロワさんですが、すぐに2人はシンパシーを感じて、友人になったそう。フランスにはない、日本で人気のシフォンケーキをテーマに店をつくってみたら、というアイディアが、リーさんとルロワさんの間で化学反応を起こしたのです。

「シフォンケーキはフランスでは珍しく、誰も知らないパティスリーでしたが、様々な味わいで季節感も表現できるし、塩味のものもできるなど応用も可能なので、魅力的でした」とルロワさん。シフォンケーキという名前では、フランス語ではわかりにくいので、天使のように軽やかなという意味を込めて“エンジェルケーキ”と命名。

キャプション3

(左)柚子の香り。クリームにコンフィチュール、ピールも入っているので、香り立つ/(右)抹茶の香り。質のよい抹茶を閉じ込めた日本らしい味わい。

味は柚子味/抹茶味/フランボワーズ/チョコレート/ローズ色のプラリーヌ/バニラ・キャラメル味の6種を用意していますが、日本の一般的なシフォンケーキとは違って、中にクリームを閉じ込めているのが特徴的。

柚子味なら、柚子風味のクリームに、柚子のコンフィチュール、ピールを入れていたり、フランボワーズなら、フランボワーズのコンフィチュールにフレッシュフランボワーズも閉じ込めたり。レストランの経験もあるルロワさんならではの、デザート感覚を大切にしています。

季節によっていろいろな挑戦もしていきたいそう。また、夜には塩味のエンジェルケーキも用意。今のところ、クルミオイルと胡椒、パルメザン風味の1種だけですが、エストラゴンハーブ風味のものなど開発していくということです。

キャプション4

カイザーの第一号店もあるモンジュ通り。シンプルなインテリア、広々とした木のカウンターで、朝から夜まで楽しめる空間に。

インテリアは、レストラン“ソラ”も手掛けた福永ゆずさんによるもので、ナチュラルさを大切にした空間。カラフルで愛らしいエンジェルケーキが引き立ちます。8席のカウンターも広々としていて、その場でいただけるのも嬉しい提案でしょう。近々、シフォンケーキを中心にしたデザート皿も出したいと、ルロワさんは意欲的です。

この店のもうひとつの特徴は、シャンパーニュやウィスキーなどのアルコールを合わせてケーキをいただけるというコンセプトでしょう。チョコレートのエンジェルケーキにウィスキー、パルメザン風味にシャンパーニュなどの新しいマリアージュを楽しめる試みは、リーさんの遊び心によるもの。シャンパーニュは、ローラン・ペリエからサロンまで30種。また、ウィスキーはサントリーのもので、レアな“山崎ミズナラ”などもリストにあり、愛好家にはたまらない品揃え。シフォンケーキとアルコールを合わせるという挑戦は、パリならではの発想ですね。

店鋪情報

名称: Ciel/シエル
住所: 3 rue Monge 75005 Paris
電話: 01.43.29.40.78
営業時間: 10:30〜23:00(火〜木)、10:30〜翌01:00(金、土)、10:30〜17:00(日) 定休日: 月曜日
Web: http://patisserie-ciel.fr/

プロフィール

伊藤文(いとうあや):料理ジャーナリスト 1993年渡仏。コルドンブルー料理学校パリ校卒業後、フランスの食文化を掘り下げる取材を重ねる。 著書に『フランスお菓子おみやげ旅行』、訳書に『招客必携』、『ロブション自伝』など多数。

powered by Super Sweets