15.05.20(Wed)

仕上がりが変わる!洗濯の基本を知って家族を守る

tend Editorial Team

tend Editorial Team

スクリーンショット 2015-03-10 18.09.10
子どもがたくさんいる家庭では、毎日洗濯機をまわすことも珍しくないですよね。そこで今回は、毎日の洗濯を効率的に、そして納得の仕上がりを実現させるポイントを紹介します。さっそく試してみてくださいね。

子どもの泥汚れや食べこぼしに効く、意外なものとは?

育ち盛りの幼児にとって、泥汚れや食べこぼしは日常茶飯事。頑固な汚れに苦戦しているママも多いのではないでしょうか?そんな時には、ある意外なものが活躍してくれます。まず、泥の汚れには、スティックのりを使いましょう。泥汚れが気になる部分にのりを塗り、5分ほど置くと泥とのりが一体化してきます。それから普段どおりに洗濯機で洗えば、泥汚れが落ちやすくなるのです。一方の食べこぼしには、台所用洗剤を使いましょう。台所洗剤をシミの部分だけに塗り、もみ洗いをします。最後にぬるま湯ですすげば、すっかりキレイになります。

洗濯機洗いでもパパのワイシャツをパリっと仕上げたい

パパのワイシャツを毎回クリーニングに出すのは、手間もお金もかかる。そんなふうに思うママには、自宅での洗濯機洗いがオススメです。まず、脱水が終わったら、すぐに洗濯物を干すのがシワや型崩れを防ぐポイントです。特にワイシャツは、干し方が重要。最初に一度軽くたたんでからパンパン叩いて、小じわを伸ばします。次に、ワイシャツを広げ、バサバサと振り大じわを伸ばします。最後に、襟や前立て、カフスや袖など、縫い目を引っ張って全体を整えます。あとはハンガーにかけ、ボタンを閉めるだけ。干し方ひとつで、アイロン掛けの手間が半減します。

無添加洗剤「さらさ」なら、大人の服も子どもの服も1本で完結

大人と子どもの汚れは種類が違うからと、異なる洗剤を使っているママにオススメしたいのが、無添加洗剤「さらさ」です。蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加でも、汚れをしっかり落としてくれる納得の洗浄力が魅力。また、天然由来の原料を使った高活性オーガニック酵素が繊維のすみずみまで洗い上げ、真っ白に仕上げてくれます。さらに、皮膚科医の監修の元、肌テスト済み。(※全ての人の皮膚に影響がないわけではありません)大人から子どもまで、安心して使うことができますね。1本の洗濯洗剤で洗濯が完結することは、忙しいママの時短にもつながります。