tend Editorial Team
tend Editorial Team

2011.05.20(Fri)

テイスト オブ キューバ ── トロピカルなデザート「Azucar」 (San Diego, CA)

ライムカラーで統一された明るい店内

ライムカラーで統一された明るい店内

カリフォルニアの最南端に位置する、サンディエゴはメキシコとの国境に位置し、ラテン色が濃いミックス文化の街です。美しいビーチをいくつも持つこの街の人達はスイーツとコーヒーが大好きです。食べ物やデザートも中南米風が目立ち、言語も常にスペイン語が飛び交っています。今回ご紹介する「Azucar」は、キューバ出身のオーナーパティシエ、ビビアンさんがクリエイトする「キューバ風デザート」の店です。

(左)アズカフルーツタルト(右)ホワイトカップケーキ

(左)アズカフルーツタルト(右)ホワイトカップケーキ

「Azucar」とは、スペイン語で「砂糖」という意味。ビビアンさんのスタイルは、基本のフレンチにキューバをミックスしたもので、ライム、ココナッツ、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなどのトロピカルフルーツをふんだんに用いてアクセントを持たせます。ラム酒を加えるのも“キューバンテイスト”です。たっぷりエキスを抽出したフルーツピューレは濃く、クリームもコクがあります。スポンジがしっとりして甘さも押さえ気味なので、日本人には良く合うテイストです。キューバでは必ずと言って良いほど用いられるライムをモチーフとしたショップカラーで店内は明るくカジュアルでキューバンミュージックのサルサが流れています。

ビビアンさんは子供の時からお菓子作りが大好きで、学校や近所の人達にお菓子を焼いて喜ばせていました。成長してからは彼女の夢であったパリのコルドンブルーに行きパティシエになります。その後ロンドン、マイアミで高級ホテルのパティシエとして経験を積んでいきます。そしてサンディエゴに移り住んだのは、彼女がベイキングスクールの先生として招かれた為ですが、今ではサンディエゴが大変お気に入りのようです。

「フラン」はスペイン語でクリームキャラメル。キューバ風はココナッツ、ラムレーズンなどのトッピングが特徴

「フラン」はスペイン語でクリームキャラメル。キューバ風はココナッツ、ラムレーズンなどのトッピングが特徴

彼女の故郷、美しいカリブ海に囲まれた島国キューバーは、フロリダの最南端からわずか145Kmに位置します。トロピカル気候でフルーツやコーヒー豆の生産に長けており、有機農家が多く見られます。キューバはラム酒の生産地でも有名で、モヒートやダイキリなど、ライムジュースと合わせたカクテルが人気です。デザートにもライムとラムは多く用いられます。例えばラム酒をたっぷり含んだブレッドプディングや、「フラン」と呼ばれるプリンの原型のカスタードデザートには、キャラメル風味にラムレーズンをアクセントに用いたりします。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.23(Wed)

ママの憧れ!長谷川京子おすすめのスキンケアアイテム2選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.09(Wed)

保護者会にぴったりなワンピース6選!きれいなママを目指そう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.08(Tue)

おしゃれなおしゃぶり6選!素敵なおしゃぶりでハッピーに過ごそう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.06.15(Mon)

キッズ向けの家具も探せる!|家具通販におすすめの人気サイト【9選】
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

肌が変わったなと思ったら 今すぐ始めるシミ対策※! ※メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2017.03.14(Tue)

#01「食の大切さ」「過保護になりすぎない」~蛯原英里さんに聞く、ママになって気がついたこと~
アバター
加藤朋美

2020.08.13(Thu)

お子様がいても使いやすい!お出かけキャリーバック特集
nanat
nanat

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team