• TEND TOP >
  • FOOD&RECIPE>
  • RESTAURANT&CAFE>
  • たまにはちょっと贅沢に、実は子連れにもぴったりな52階の上質空間「ニューヨーク グリル」(パークハイアット東京)

16.11.24(Thu)

たまにはちょっと贅沢に、実は子連れにもぴったりな52階の上質空間「ニューヨーク グリル」(パークハイアット東京)

浅野陽子

浅野陽子 フードライター&エディター

出版社勤務を経て独立し『ELLE a table』『dancyu』『日経レストラン』など料理専門誌やウェブサイトに執筆、“食”限定の取材歴は17年目に突入。J.S.A.認定ワインエキスパート。2014年に長女を出産。

こんにちは、フードライター&エディター浅野陽子です。少し前ですが、娘の2歳の誕生日を新宿にあるパークハイアット東京の「ニューヨーク グリル」で祝いました。娘と私は誕生日が数日しか変わらず、去年1歳のときはお祝いができなかったため、久しぶりに家族3人でちょっと贅沢をしてみよう、と合同バースデーランチをしました。

asano_20161117_01

ここは最高の上質空間ながら、とても子連れに向いています。客席と客席の間が広く、またボックスシートもあるので乳児をこっそり椅子で寝かせても周りの人は気になりません。

asano_20161117_02

ランチは前菜ビュッフェ+メイン(プリフィクス)+デザートビュッフェ、の構成。前菜を盛り付けた様子です。ここのビュッフェは本当にどれもおいしく、迷ってしまいます。子供が好きそうなものを親が取って、分けてあげれば子供もいろいろ食べられて大満足です。

asano_20161117_03

メインで私が選んだ魚のメイン。ステーキやソテーなど、店名の通りグリル料理です。前菜ビュッフェは品数豊富でつい欲張ってしまいますが、その後メインもしっかり付くので、セーブしておくのがおすすめ。なかなかできないですが…(笑)

asano_20161117_04

ちなみにメインが来るまで少し時間がかかります。子供がぐずり出し、そのときにあらためて「子連れ向きだな」と実感したのがこのスペース。

asano_20161117_05

ここはニューヨークグリルの店内なのですが、客席から壁を隔てた窓際に廊下があり、高層階の景色を見せて歩かせると子供も飽きません。少々声を出したりしても客席まで届かないので迷惑にならず、とても便利だなと思いました。

asano_20161117_06

メインの後はデザートです。デザートもビュッフェコーナーから選びます。これも迷って取りすぎるのでダイエットはこの日は小休止(笑) 

asano_20161117_07

今日は娘だけ、バースデー仕様にしていただきました。プレートに書きたい内容は予約時に伝えておきます。日本語、英語、名前ありなし、自由(と言っても2歳なので本人にはわかりませんが…)

asano_20161117_08

娘も喜んでいました。さらにニューヨークグリルでは、デザート時に席を移動し、より窓際に近いところで食後の時間をゆっくり楽しむというスタイルを取っています。この「ちょっとロケーションが変わる」というのも子供には新鮮なようで、落ち着いて楽しんでくれます。

ニューヨークグリルのこのランチは平日大人一人5000円、週末は7000円。税・サ別なのでドリンクを入れて結局20,000円近くかかってしまいましたが、2歳の子供を含めてのとても優雅な時間と料理を楽しめました。とっておきの家族の時間に、おすすめです。
そしてニューヨークグリルでランチをした後ならではの、子連れに便利な場所を次回紹介します。

ニューヨークグリル(パークハイアット東京52階)
http://restaurants.tokyo.park.hyatt.co.jp/nyg.html

*こちらも毎日更新中です*
「フードライター浅野陽子の美食の便利帖」www.asanoyoko.com