tend Editorial Team
tend Editorial Team

2012.01.20(Fri)

ショコラの聖地・ブリュッセルのショコラティエ巡り

(左)品のあるデザインのピエール・マルコリーニ本店。/(右)店内では日本人客をはじめ観光客もたくさん見かける。

(左)品のあるデザインのピエール・マルコリーニ本店。/(右)店内では日本人客をはじめ観光客もたくさん見かける。

次に、サブロン広場でも堂々な店構えのピエール・マルコリーニ。 ノイハウスやゴディバなど老舗のチョコレートは比較的年齢層の高い方々に人気ですが、地元の若い人たちはマルコリーニが好きな人が多いようです。 ベルギーチョコレートを更にワンランク上に引き上げたと讃えられたマルコリーニ氏は、カカオと良質な材料にこだわった、大変洗練されたショコラで知られており、地元ベルギー人も誇りにしているショコラティエです。 ダークトーンのシックな店内はまるでジュエリーショップのよう。

2012年のクリスマス・ニューイヤーエディッションのボンボン詰め合わせは20.9ユーロ。

2012年のクリスマス・ニューイヤーエディッションのボンボン詰め合わせは20.9ユーロ。

店は2フロアに別れ、1階は箱詰めされたショコラやケーキ類が置かれ、2階はボンボンショコラやタブレットが販売されています。 この時期限定のボンボンショコラの詰め合わせは、30個以上ぎっしり入ったボンボンが20.9ユーロと地元ならではのリーズナブルな価格です。

Leonidas Sablon

レオニダス・サブロン店の店内。 客足が絶えず、そのほとんどが地元人。

レオニダス・サブロン店の店内。 客足が絶えず、そのほとんどが地元人。

最後に、ベルギーの国民的チョコレートショップ、レオニダス。 ベルギー人が週1回は買いに通うような、素朴で気取らない昔ながらのショップです。 他のショコラティエと比べて値段の割にクオリティが良く、みんな箱にどっさりと買って、午後のカフェタイムや食後のデザートに少しずつ食べます。 ブリュッセルやベルギー国内をはじめ、フランスやオランダなど近隣国にも多数の店舗があり、親しまれているベルギーチョコレートの代表格です。

大きめのマノンはリッチなテイスト。 一度食べたら病みつきに。

大きめのマノンはリッチなテイスト。 一度食べたら病みつきに。

レオニダスと言えばまず「マノン」というほど人気のボンボンは、ホワイト、ミルク、ダークと色々種類がありますが、定番はマノンカフェホワイト。 ホワイトチョコレートは濃厚で、コーヒー風味のフレッシュクリームとヘーゼルナッツが使われています。 このマノンのみを大量に買って行く人も珍しくないのだとか。

OTHER ARTICLES

2020.08.05(Wed)

ダイエットしてもなぜか痩せない…原因は”幸せホルモン”不足!?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.07.10(Fri)

小さい頃の「アイスの実」、覚えてる?35年でどう変わった?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.27(Sat)

【快適・夏マスクがほしい!】蒸し暑い日も快適に過ごす!おすすめの夏用マスク10選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.06.15(Mon)

キッズ向けの家具も探せる!|家具通販におすすめの人気サイト【9選】
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

肌が変わったなと思ったら 今すぐ始めるシミ対策※! ※メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.30(Sat)

頑張るママにご褒美を。お取り寄せできるハーブティーでリラックスしませんか
nanat
nanat

2019.11.03(Sun)

めんどくさいママ友の特徴10選!関わらない方法も紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.11.04(Mon)

ママ友とのランチ完全対策!心得や服装、誘い方なども紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team