tend Editorial Team
tend Editorial Team

2012.01.20(Fri)

ショコラの聖地・ブリュッセルのショコラティエ巡り

(左)品のあるデザインのピエール・マルコリーニ本店。/(右)店内では日本人客をはじめ観光客もたくさん見かける。

(左)品のあるデザインのピエール・マルコリーニ本店。/(右)店内では日本人客をはじめ観光客もたくさん見かける。

次に、サブロン広場でも堂々な店構えのピエール・マルコリーニ。 ノイハウスやゴディバなど老舗のチョコレートは比較的年齢層の高い方々に人気ですが、地元の若い人たちはマルコリーニが好きな人が多いようです。 ベルギーチョコレートを更にワンランク上に引き上げたと讃えられたマルコリーニ氏は、カカオと良質な材料にこだわった、大変洗練されたショコラで知られており、地元ベルギー人も誇りにしているショコラティエです。 ダークトーンのシックな店内はまるでジュエリーショップのよう。

2012年のクリスマス・ニューイヤーエディッションのボンボン詰め合わせは20.9ユーロ。

2012年のクリスマス・ニューイヤーエディッションのボンボン詰め合わせは20.9ユーロ。

店は2フロアに別れ、1階は箱詰めされたショコラやケーキ類が置かれ、2階はボンボンショコラやタブレットが販売されています。 この時期限定のボンボンショコラの詰め合わせは、30個以上ぎっしり入ったボンボンが20.9ユーロと地元ならではのリーズナブルな価格です。

Leonidas Sablon

レオニダス・サブロン店の店内。 客足が絶えず、そのほとんどが地元人。

レオニダス・サブロン店の店内。 客足が絶えず、そのほとんどが地元人。

最後に、ベルギーの国民的チョコレートショップ、レオニダス。 ベルギー人が週1回は買いに通うような、素朴で気取らない昔ながらのショップです。 他のショコラティエと比べて値段の割にクオリティが良く、みんな箱にどっさりと買って、午後のカフェタイムや食後のデザートに少しずつ食べます。 ブリュッセルやベルギー国内をはじめ、フランスやオランダなど近隣国にも多数の店舗があり、親しまれているベルギーチョコレートの代表格です。

大きめのマノンはリッチなテイスト。 一度食べたら病みつきに。

大きめのマノンはリッチなテイスト。 一度食べたら病みつきに。

レオニダスと言えばまず「マノン」というほど人気のボンボンは、ホワイト、ミルク、ダークと色々種類がありますが、定番はマノンカフェホワイト。 ホワイトチョコレートは濃厚で、コーヒー風味のフレッシュクリームとヘーゼルナッツが使われています。 このマノンのみを大量に買って行く人も珍しくないのだとか。

OTHER ARTICLES

2020.01.22(Wed)

今買うなら春まで長く着られるものを。季節先取りカジュアルママコーデを紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.01.20(Mon)

大切な家族を風邪やインフルエンザから守る!ウィルス予防グッズ5選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.01.17(Fri)

大掃除でやり残したところもピカピカに!短時間でできる掃除のポイント
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.01.20(Mon)

大切な家族を風邪やインフルエンザから守る!ウィルス予防グッズ5選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.01.13(Mon)

【特集】現代人の食に対する成分信仰は危険!食品第一主義が健康への近道
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.12.30(Mon)

厳しい冬を乗り越える!高機能ダウンジャケットの水沢ダウンはいかが?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2019.09.13(Fri)

【シンガポール発着フライ&クルーズ】Vol.3 出入国審査や移動がスムーズ! シンガポール&ペナン&プーケットの観光スポ...
國方麻紀
國方麻紀

2019.12.11(Wed)

2019年イケママの間でブームになったファッションアイテム大特集!
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2017.03.14(Tue)

#01「食の大切さ」「過保護になりすぎない」~蛯原英里さんに聞く、ママになって気がついたこと~
アバター
加藤朋美