14.11.27(Thu)

サラ・ジェシカ・パーカーが語るバレエの世界と舞台裏

cafeglobe

cafeglobe

20141126_ballet5

『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリー役でおなじみのサラ・ジェシカ・パーカー。 彼女は、「New York City Ballet(ニューヨークシティバレエ)」のボードメンバーとして、カンパニーの存続とさらなる発展に一役買っています。 ニューヨークの多くの美術館や、文化施設は企業や個人からの多額の寄付金で成り立っています。そのため、寄付金を集めることは街の偉大な芸術文化を次世代へ繋げるためにとても重要なことです。