tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.12.23(Mon)

クリスマスは親子でリンクコーデ!旬のカジュアルスタイルを紹介

もうすぐやってくるクリスマス。「ちょっとお洒落な食事やケーキ、子供へのプレゼントは考えているけれど、服装はいつもと一緒。」というママも多いのでは?

せっかくなら、クリスマスならではのファッションで、気分をさらに盛り上げてみてはいかかでしょうか。この記事では親子で楽しむクリスマスのリンクコーデをご紹介します。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ①さりげないクリスマスカラーでカジュアルに

出典:WEAR

赤×カーキを取り入れ、クリスマスカラーをさりげなく取り入れています。流行のキルティングのアウターはお洒落なだけでなく、適度に暖かく軽いので、動きの多いママにもピッタリ。中に着込んでも着膨れしないのも嬉しいポイントです。

また、このコーデはボアがポイントのフライトキャップやコーデュロイパンツで、季節感もプラスしています。お揃いのブラックのスニーカーが、コーデ全体を引き締めていますね。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ②赤を差し色にしてクリスマス感を

出典:WEAR

「お揃い過ぎるのは照れくさい」という人にも挑戦しやすいコーデ。アイテムを合わせなくても、雰囲気だけ合わせることでお揃い感がでます。あえてお揃いにし過ぎないところがポイントです。

白ソックスにパンプスを合わせるのも、程良い抜け感がプラス出来ますよ。すべて違うアイテムなので、お互いの個性が出せるのも楽しいですね。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ③赤×白で季節感あるサンタさん風に

出典:WEAR

サンタクロースを連想させる、赤×白でまとめたクリスマスコーデ。ボリュームのあるモコモコした質感のボアアウターで、暖かさもバッチリです。上半身にボリュームが出るので、小顔効果も狙えます。

また、スニーカーとアウターに同じ白を使い、統一感を出しています。画像のママのように、クラシックなデザインのメガネや、ブラックのウェストポーチ等、小物でワンポイント出しやすいコーデですね。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ④ブラック中心でちょっと大人な雰囲気に

出典:WEAR

男の子のママにおすすめの、ブラックでまとめた大人なコーデ。シンプルなデニムスタイルも、ライダースジャケットを合わせればランクアップします。

ハードなイメージの強いアイテムなので、ベレー帽やトートバッグを合わせ、しつこすぎないよう調節しているのもポイント。

アニマル柄のショルダーバッグも、さりげなくお洒落を格上げしています。トップスやトートバッグのロゴの赤色が、ちょうど良いアクセントになっていますね。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ⑤赤カーディガン×チェックでお洒落に

出典:WEAR

せっかくなら、すべてのアイテムをお揃いにして、とことんリンクコーデを楽しんでみるのもあり。画像は、赤いカーディガンとチェックのパンツがポイントの、お洒落さの高いコーデ。

カーディガンは温度調節しやすく、実用性もバッチリです。くるぶし丈のパンツは、足首を華奢にみせてくれる効果もありますし、ほんの少し肌見せすることで女性らしさもプラス。

一つ一つのアイテムに個性があるので、ブラックのヘアバンドやバッグ、シューズで引き締めてまとまり感を出しているのが良いですね。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ⑥白×ベージュでまとめてほっこりと

出典:WEAR

雪を連想させる、白×ベージュのコーデは、温かみがあり優しい雰囲気。画像のコーデは、淡いトーンでのっぺりしないよう、ところどころにベージュやブラックのアイテムを使用し、メリハリを出しています。

お子さんのコーデは、シンプルに無地のタイツを合わせ、ニットの凹凸感のあるデザインを引き立てています。このようなさりげないリンクコーデなら、パパも一緒に楽しめそうです。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ⑦ベージュニットでナチュラルに

出典:WEAR

ミルクティーのようなベージュのニットが、優しい雰囲気のナチュラルなコーデ。ニットのポコポコと凹凸感のあるデザインが可愛いですね。

ベージュとブラウンで統一しつつも、チェックやボーダーのボトムスを合わせて、全体がぼやけないよう工夫されています。

また、ニットのインに着た白のカットソーで、軽やかさも出ています。この一手間で程良い抜け感が出て、ワンランク上のコーデに。

 

■クリスマスの親子リンクコーデ⑧淡いトーンでガーリーコーデに

出典:WEAR

淡いピンクと、ホワイトのサロペットがガーリーなこちらのコーデ。フワフワの帽子がさらに甘さをプラスしています。

甘い印象のピンクもくすみ系を選べば、可愛くなり過ぎないので、ママも着こなしやすいはず。コーデがぼやけないよう靴やバッグはブラックで統一し、全体を引き締めています。

 

■親子お揃いのコーデで身も心もクリスマスに

赤や緑といった、王道のクリスマスカラーだけでなく、温かみのある素材感やチェック柄など、冬ならではのアイテムを取り入れればさりげないクリスマスコーデが楽しめます。

年に一度の特別な日だからこそ、ファッションも楽しんでクリスマス気分を盛り上げましょう。この記事を参考に、あなたらしいクリスマスコーデをみつけてみてください。

OTHER ARTICLES

2020.05.05(Tue)

皮膚科医が予想する2020年美容トレンド、ママこそ“おうち美容医療”
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.05.03(Sun)

【管理栄養士監修】家族の免疫力をサポートする、レトルト食の「プラスα」食品は?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.05.01(Fri)

【日焼け止め】2020年の新作はコレ!おこもり中でも窓からの日差しに注意!
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.03.06(Fri)

地中海太陽の恵み「サンライズ ルビーグレープフルーツ」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.03.04(Wed)

ひとくち食べたら感動が口に広がる! イスラエル生まれの新柑橘「オア」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.01.20(Mon)

大切な家族を風邪やインフルエンザから守る!ウィルス予防グッズ5選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2019.03.06(Wed)

H&M×ナタリー・レテのベビー&キッズコレクションが到着! イベント招待などのキャンペーンも開催
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2017.03.14(Tue)

#01「食の大切さ」「過保護になりすぎない」~蛯原英里さんに聞く、ママになって気がついたこと~
アバター
加藤朋美