FASHION PRESS
FASHION PRESS

2015.11.02(Mon)

デザイナーは2児の母。心地よいリアルクローズ「Rachel Comey」

20151105_rachel_comey_1a

着やすくて、楽しい服。つまり、仕事でもプライベートでも使えて、着心地が良くて、遊び心もありつつ、子どもっぽくならない服......って、求めすぎかもしれませんが、なかなかありません。 お洒落心を満たすには、だいたいはシンプルで質の良い服を選んで、それを着回す方向になりがちだと思います。それもいいのですが、着回しもパターン化してきて、飽きてしまったりします。 ニューヨーク発のブランド「Rachel Comey(レイチェル・コーミー)」には、"なかなかない"アイテムばかりが並んでいます。ひとつ投入するだけで気分が一新するようなものばかりです。

OTHER ARTICLES

2019.11.08(Fri)

スヌーピーミュージアム、東京・町田の商業施設「南町田グランベリーパーク」に移転オープン
FASHION PRESS
FASHION PRESS

2019.11.01(Fri)

ミナ ペルホネン×ポーター“ちょうちょ”トートバッグや“タンバリン”デイパック、表参道で発売
FASHION PRESS
FASHION PRESS

2019.10.31(Thu)

「藤子・F・不二雄ミュージアムのクリスマス」ドラえもんイメージのツリーなど、限定フードやグッズも
FASHION PRESS
FASHION PRESS

RECOMMEND

2019.05.17(Fri)

シミ対策の新習慣!「ふきとり効果」で浸透UP?!シミが気にならない肌を目指す裏技とは?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.09.06(Fri)

【シンガポール発着フライ&クルーズ】Vol.2 本格エンタメショー、西洋東洋スパ、迫力のウォータースライダー! 充実の「...
國方麻紀
國方麻紀

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team