tend Editorial Team
tend Editorial Team

2011.10.21(Fri)

季節のフルーツがぎゅっとつまったケーキパイ“ブライ”

アーモンドと砂糖がまぶされたりんごのブライは、オランダの秋〜冬のスイーツの定番。

アーモンドと砂糖がまぶされたりんごのブライは、オランダの秋〜冬のスイーツの定番。

秋も深まり、この時期食べたくなるのがオランダ人の間で大人気のケーキパイ、“Vlaai(ブライ)”。 一見シンプルなパイは別名リンブルグパイとも呼ばれ、オランダの南部、リンブルグ州の名菓です。 丸い焼き菓子で、約30cmの薄い底の生地の上には、たっぷりと果物が乗っています。 ブライの種類は様々で、通常はチェリー、プルーン、りんごやアプリコットなど季節のフルーツ、時にはライス(お米)のブライもあります。 ブライの表面は、生地で出来た格子でカバーされているものと、オープンなものと2種類あり、焼いた後にホイップクリーム、ナッツやチョコレートがかかっていたりします。

粉砂糖をかけたアプリコットのブライ。 底が薄くしっかりしていて、手で持っても崩れない。

粉砂糖をかけたアプリコットのブライ。 底が薄くしっかりしていて、手で持っても崩れない。

ブライが他のペイストリーと違うのが、生地がとても軽いというところです。 そして底の部分はパンのような堅さがあり、薄いけれどしっかりします。「美味しいブライは、薄い底と厚い中身を持つブライ」という言い回しがあるように、プレートなしで手に取り、そのままガブリと食べてしまうことも可能です。

大きめにカットしたブライは、コーヒーとともに。 まぶした砂糖やホイップクリームが、フルーツの酸味と合う。

大きめにカットしたブライは、コーヒーとともに。 まぶした砂糖やホイップクリームが、フルーツの酸味と合う。

ブライの歴史を辿ると、1900年代、リンブルグ州ウィールトでマリア・フベルティーナ・ヘンドリックスという1人の女性が駅で売り始めたのが始まりと言われています。 ここから徐々にオランダ全土に広がり、人気になったお菓子です。 リンブルグの伝統では、週末家族や友人と集まるとき、誕生日、結婚式、洗礼時など色々な機会でブライが振る舞われます。 昔は家で手作りしていましたが、最近はベーカリーで買うのが主流で、特にリンブルグ州に住むオランダ人の家庭を訪ねると、このブライケーキが良く出てきます。

リンブルグ州の州都は、オランダで一番のグルメな街、マーストリヒトです。 マーストリヒトはローマ時代から続く歴史のある街で、レストランやカフェが数多くあります。 ここのカフェのほとんどにリンブルグパイがメニューとして置かれ、皆午後のスイーツタイムにこの一切れのパイとコーヒーを楽しみます。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.23(Wed)

ママの憧れ!長谷川京子おすすめのスキンケアアイテム2選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.09(Wed)

保護者会にぴったりなワンピース6選!きれいなママを目指そう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.08(Tue)

おしゃれなおしゃぶり6選!素敵なおしゃぶりでハッピーに過ごそう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.06.15(Mon)

キッズ向けの家具も探せる!|家具通販におすすめの人気サイト【9選】
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

肌が変わったなと思ったら 今すぐ始めるシミ対策※! ※メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.26(Fri)

子供が寝ないときどうする?子供の寝かしつけにおすすめのYouTube動画10選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.03.06(Wed)

H&M×ナタリー・レテのベビー&キッズコレクションが到着! イベント招待などのキャンペーンも開催
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.04.24(Fri)

ママの間食におすすめのお菓子3選。ルールを守ってヘルシーな生活を
tend Editorial Team
tend Editorial Team