tend Editorial Team
tend Editorial Team

2011.06.17(Fri)

パーティーを演出する裏方ベーカー 「Gerhard Michler Fine European Desserts」

カスタムオーダーで注文を受ける忙しいキッチン

カスタムオーダーで注文を受ける忙しいキッチン

アメリカの各都市では日常的にビジネスやプライベートでパーティーが行われています。パーティーと言えばケータリングサービスが付き物ですが、その中でもデザートは重要な役目を担います。しかし豪華に見える食事やデザートは、意外にも名が知られていないシェフやパティシエが作っているケースが多いのです。

「ゲッハード ミクラー ファイン ヨーロピアン デザート」は、サンフランシスコで22年間デザートをサービスしている裏方ベーカーです。「ファイン」とは、フード業界で「高級」「高品質」という意味で用います。そのサブタイトルの通りGerhard Michler氏のクリエイションは、フレンチとオーストリアを融合させたライトで質の高いデザートで、長年VIP達に支持されています。

卒業パーティーでサービスする博士帽クッキー

卒業パーティーでサービスする博士帽クッキー

実はこのベーカー、店舗を持ちません。大きなキッチン一つでクッキーからウェディングケーキまでのカスタムオーダー全てを賄っています。その隅に唯一、一般の人が出入りできる小さな窓口があるだけです。ビルの外からも見えないので、“知る人ぞ知る”存在。でもこの“知る人”は、ホテルクオリティーのデザートが低価格で手に入るのですから、ラッキーな人達なのです。

私がこのキッチンを訪れた時は、ちょうど6月の卒業式シーズンで、卒業パーティー用に博士帽形のクッキーや、辞書をデザインしたケーキを焼く忙しそうな従業員を目にしました。6月といえば「ジューンブライド」の時期でもあります。ウェディングケーキの準備で大忙しのキッチンで一番目をひいたのが「プロフィタロール タワー」です。

プロフィタロールのシュー部分、たくさん焼きます

プロフィタロールのシュー部分、たくさん焼きます

「プロフィタロール」とは、16世紀から存在する、元々はフランスのデザートで、日本でいう「シュークリーム」に似ています。アメリカのヨーロッパ系レストランでは、シュー皮の中にバニラやチョコレートのアイスクリームを詰め、上からチョコレートソースをかけて仕上げる人気のデザートです。この小さなプロフィタロールをタワーのように積み上げたのが「プロフィタロール タワー」で、習慣では主にウェディングに用いられます。花嫁と花婿がプロフィタロールを食べあうセレモニーもあるそうです。ちなみにゲッハード氏得意のデザートでもあります。彼は中にクリームやチョコレートムースを詰め、キャラメルソースでタワーを仕上げます。そのキラキラ光るキャラメルの糸がタワーを一層ゴージャスに飾ります。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.01.17(Fri)

大掃除でやり残したところもピカピカに!短時間でできる掃除のポイント
tend Editorial Team
tend Editorial Team

NEW 2020.01.16(Thu)

美味しく食べてキレイになれる!?デトックススープはいいことづくし!
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.01.13(Mon)

片付けを通して子供の豊かな心を育む!収育の特徴とメリットとは
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.01.13(Mon)

【特集】現代人の食に対する成分信仰は危険!食品第一主義が健康への近道
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.12.30(Mon)

厳しい冬を乗り越える!高機能ダウンジャケットの水沢ダウンはいかが?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.12.29(Sun)

2020年はねずみ年!可愛らしいガラスの置物で開運効果を
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2019.03.06(Wed)

H&M×ナタリー・レテのベビー&キッズコレクションが到着! イベント招待などのキャンペーンも開催
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.11.03(Sun)

めんどくさいママ友の特徴10選!関わらない方法も紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2017.03.14(Tue)

突然起きた子どもの自転車事故。「もしも」について考えるきっかけに。
アバター
Yukie Liao Teramachi