tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.08.26(Mon)

【人気ママモデル・辻元舞さんが家族で体験!】充実の『東京ディズニーリゾート®・バケーションパッケージ』で次男のファーストビジット大成功!

子連れでゆったりと東京ディズニーリゾートを満喫できる、東京ディズニーリゾートの公式宿泊プラン『東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ』。「[欲張りプラン!]エンターテイメントもアトラクションも楽しむ2DAYS」を利用して、大人気のママモデル・辻元舞さんが家族4人でパーク体験! 3歳の長男と8ヶ月の次男を連れて出かけるのは大変じゃないかしら……という当初の不安もすっかり吹き飛んだという辻元さんが、いつもとは違う“特別”がいっぱいの宿泊プランの魅力をママ目線でたっぷりと語ってくれました。

上のお子さんが3歳になって、キャラクターを認識し、いろいろと興味が沸いてきたところで、『東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ』なら「いち早くディズニーホテルを予約できる」、「短い待ち時間でアトラクションに乗れる」ことに大きな魅力を感じ、下のお子さんの記念すべきファーストビジットで利用することにした辻元さん。パークにはベビーセンターをはじめ、ママにうれしいサービスが充実していることは知っていたものの、1歳にならないベビーを連れて、わんぱくざかりの上のお子さんと出かけるのは、暑さや長い時間並ぶことなどを考えると心配だったそうですが、実際に体験してみて「子連れにぴったりなプランです」と大絶賛! 辻元さんがリアルに実感したという、おすすめポイントをご紹介します♪

■時間指定がないファストパス®・チケットで少ない待ち時間で乗り物に乗れる!


今回のプランは時間指定のないファストパス・チケットが1人あたり5枚つきで、東京ディズニーランド®の「プーさんのハニーハント」や東京ディズニーシー®の「ニモ&フレンズ・シーライダー」など、小さなお子さんに人気のアトラクションも対象に。「多くのゲストで賑わう日だと最初にとったファストパス・チケットの時間が夕方だったりして、うまく回れなかったこともあるので、このチケットはとても魅力的!」と辻元さん。

まず東京ディズニーシーで大人気の「トイ・ストーリー・マニア!」に、ファストパス・チケットを利用してスムースに乗車。上のお子さんが大喜びで遊んでいる間、まだ1人で座れない下のお子さんは、「トイ・ストーリー」のキャラクター大集合のアトラクション前でパパと楽しくスタンバイ。東京ディズニーランドでは「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」に、ファーストビジットを記念するパークデビューシールをつけた下のお子さんは抱っこヒモで、家族4人揃って仲良く乗車。終わるなり「次は何乗る?」と上のお子さんも大はしゃぎ!

■人気のショーやパレードを専用の鑑賞席(エリア)で楽しめる!


「子連れにとって、事前に席(エリア)を確保できるのはうれしい限り。いつもはパークに着いてから、あのショーを見るために何時に移動しようとか、パレードはこの辺で見ようとか、考えることだらけになっちゃうんですけど、その手間が省けたのが本当にありがたいですね。席と時間が決まっていると、安心なのはもちろん、待ち時間が少なく、ギリギリまで休憩できて最高です!」。

今回はシンデレラ城を一望できる鑑賞席で、夢の世界が楽しめるパレード「ドリーミング・アップ!」を鑑賞。思いきり遊んで、少し眠そうになっていた上のお子さんも、ミッキーマウスの姿を見るなり、手をふったり、ママと一緒に手拍子を打ったり、踊ったり。「キラキラしたかわいいものが大好きで、プリンセスが乗っているフロートに、釘付けになっていました!」とかなり距離が近いので、お子さんもしっかりとディズニーの仲間たちを認識できたよう。開演時間までの時間を有効に使えるだけでなく、落ち着いてショーやパレードを見られるのは、鑑賞席ならではの大きなメリット。

■何度もフリードリンク券が使えるから、子どもの飲み物の心配なし!


フリードリンク券を利用して、両パークの対象店舗で何度でも無料でソフトドリンクのオーダーができるのも、こまめな水分補給が欠かせない夏場はとくにうれしい!「子供の飲み物を持ち歩くのは大変なので、いつでも気軽にドリンクが飲めるのは便利。子供に限らず、人数分の飲み物を持とうと思ったら、かなり重くなりますし、ただでさえミルクの荷物があるから、ひとつでも荷物が減るのは本当に助かります。夏は持ち歩いていても、冷たい状態ではなかなか飲めないですしね」と辻元さん。

パークらしさあふれるドリンクも対象メニューで、東京ディズニーシーでは辻元さんが楽しみにしていた人気の「スパークリングタピオカドリンク(マンゴー)」(1杯410円)を、「ロストリバークックハウス」にてフリードリンク券を使用してオーダー。ゼリーとタピオカがたっぷり入った食感に、ママもパパも「おいしい!」と感激しながら、ほんのりシュワっとする、爽やかな甘さに癒やされました。上のお子さんはミッキーマウスがモチーフのチケットホルダーもすっかりお気に入りに!

■「ディズニーアンバサダー®ホテル」でいつでもくつろげる幸せ♪


「今日のように子供が帰りに寝てしまったりすると、ホテルが近いのはありがたいですね。たっぷり遊んでも、渋滞などを気にしなくていいのも助かります。途中で休憩に戻ったりできるのも便利!」。14のホテルから選べて、いち早く予約できるのもこのプランの魅力で、辻元さんファミリーは「ディズニーアンバサダーホテル」の「スティッチルーム」に宿泊。「アメニティなど細かいところまでキャラクターのモチーフがあって、子供より私のほうがテンション上がりました(笑)」。ベビーの授乳やおむつ替えはもちろん、子供がぐずった、寝てしまったときなど、いつでも態勢を整え直せる拠点が近くにあるのはママにとって、この上ない安心感♪

さらにここはディズニーホテルで唯一、キャラクターと一緒にブッフェスタイルのお食事が楽しめるレストラン「シェフ・ミッキー」も大人気!「食事しながらミッキーマウスと会えるなんて、すごい! これは大人も子供も楽しいですよね。上の子は好き嫌いしてご飯を食べないことがあるんですけど、ミッキーマウスがいれば、絶対に食べてくれそうです(笑)」。

■2日間、2つのパークを自由に行き来して、楽しみ尽くせる!


2日間とも東京ディズニーランドと東京ディズニーシー両方を行き来して利用できるパスポートつきで、ディズニーホテル宿泊者限定のハッピー15エントリーを利用すれば、通常のパーク開園時間の15分前に入場することも可能。さらにディズニーリゾートラインに何度でも乗り降りできるフリーきっぷ付きと盛りだくさん! 東京ディズニーリゾート内をぐるりと一周するモノレールに、「長男は電車が大好きなので、すごく喜びそう!」と出かける前からお子さんの笑顔を楽しみにしていた辻元さん。「今日は走っているモノレールを見かけただけで、もうゴキゲンに。モノレール自体が大好きな上に、ミッキーマウスのモチーフがいっぱいのモノレールなんて、テンション上がって大変です(笑)」。しかも、ほかでは手に入らないバケーションパッケージオリジナルグッズがもらえるんです。「チケットホルダーやポップコーンのケースをすごく気に入って、なかなか放さなくて(笑)。子供ってふとしたことでテンションが上がるから、こういうグッズもすごくうれしいです!」。

「絶対にまたこの『東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ』を使ってこようねと、パークにいる間からもう夫と相談していました(笑)。余裕をもってアトラクションに乗れたことが感動的でしたし、パレードをあの席で見られたこともありがたすぎて! 子供と一緒に長い時間並ぶって、楽しいことよりも大変なことが勝って、どうしても大人は怒ってしまうし、いざ乗るときには子供の機嫌が悪かったり、泣いていたり……。これはそういう不安や悩みを解消してくれる宿泊プランですね。コスパのよさは最高だと思います!」と時間的な余裕だけでなく、心の余裕ができたことで子供も大人もストレスフリーで楽しめたという辻元さん。「上の子のファーストビジットは2歳になったばかりのときで、パークの雰囲気を楽しむ感じだったんです。今日のような本格的なアトラクションで遊べたのは今回が初めて。こういうこともできるようになったんだというのが、うれしい驚きでしたね! 楽しみ方の幅も広がったので、ますますまた来たいと思いました。上の子の4歳のお誕生日は早速このプランを利用するつもりです!」。

『東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ』は、さまざまなニーズにあわせた20以上のプランがラインナップ。同行者の好み、目的、遊び方、予算などにあわせて自分に最適なプランを選ぶことができます。


【プロフィール】
辻元 舞(つじもとまい)/女性ファッション誌で表紙を飾るほか、レギュラーモデルとして活躍し、数々のCMやテレビ、映画にも出演。プライベートでは、3歳の長男と8ヶ月の次男のママ。インスタグラムで見せるおしゃれなママコーデやナチュラルなライフスタイルが注目を集め、フォロワー数は27万超え。憧れのママモデルとして絶大な人気を誇る。

SPECIAL

2019.09.13(Fri)

東京ディズニーランド®️でLet’s DANCE!みんなで「ジャンボリミッキー!」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.28(Fri)

ママがハッピーだったら世界平和! ~気になるインフルエンサー、小林有里さんがいつも絶好調でいられるために、大切にしている...
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.10(Mon)

子どもの素肌はママが守る! 実は子どもにも使える知っておきたい「傷あとケア」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2017.03.14(Tue)

突然起きた子どもの自転車事故。「もしも」について考えるきっかけに。
Yukie Liao Teramachi
Yukie Liao Teramachi

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.11.04(Mon)

ママ友とのランチ完全対策!心得や服装、誘い方なども紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team