美レンジャー
美レンジャー

2015.02.12(Thu)

集中力を高める子供部屋の色は?「理想の家になる」色彩の使い方

tend5_0212_biiranger

家の中を思い出してください。あなたの部屋には何色が多く使われていますか? 実は、部屋の用途によって、使った方が良い色と、悪い色があるのです。

色彩には、人を疲れさせたり、落ち着かなくさせる作用があるといいます。最近、なぜかイライラしたり、落ち込んだりすることが多い人は、お部屋の色を、見直してみませんか。

ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの筆者が、そのコツをご紹介します。

OTHER ARTICLES

2015.12.01(Tue)

子どもと一緒にガンガン使える!「コスパも保湿力も花マル」おすすめ3選
美レンジャー
美レンジャー

2015.08.10(Mon)

大人のラク可愛い代表!スニーカーで「こなれ足元」を作る4原則大人のラク可愛い代表!スニーカーで「こなれ足元」を作る4原則
美レンジャー
美レンジャー

2015.01.22(Thu)

妊活女子も必読!妊娠初期の「運動しすぎ」で腰痛が悪化と判明
美レンジャー
美レンジャー

RECOMMEND

2019.07.01(Mon)

梅雨も爽やかにおしゃれを! ユニクロの梅雨コーデ4選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.05.17(Fri)

シミ対策の新習慣!「ふきとり効果」で浸透UP?!シミが気にならない肌を目指す裏技とは?
tend Editorial Team
tend Editorial Team