Tomomi
Tomomi

2015.06.12(Fri)

パリで過ごす子連れの日曜日 La Villette内Cité des enfants編

IMG_9805

こんにちは。アロマトローグのTomomiです。

 

日曜日のパリは、お店がほとんど閉まっていてショッピングはできません。フランス人にとって、日曜日はゆっくりと家族で過ごす日なのです。実家に帰ってランチをしたり、家族でどこかへ出かけたり、友人家族と遊んだり。今回は、我が家が日曜日によく行くオススメスポットをご紹介。

 

パリの北東にあるLa Villette公園内のCité des sciences(科学館)には、プラネタリウムや自然科学にちなんだ展覧会や映画館、そして2歳から12歳までのこどもが遊びながら科学を体感できる施設Cité des enfantsがあります。

 

ここは1時間半の入替制で、混雑時は事前予約をしないと入れないほどの人気。館内は「発見しよう」「知ってるよ」「やってみよう」「実験しよう」「協力しよう」というセクションに分かれていて、からだについて考えたり、水や空気、光で遊んだり、かたちや文字を学んだり、他の子と力を合わせて何かを達成したりと、遊びながらお勉強(?)できるスペースです。

 

中でも人気なのがこどもの工事現場。ヘルメットとベストを着用し、それぞれがブロックを運んだり、クレーンで持ち上げたり、ベルトコンベアーを動かしたりしながら、大きな家の壁にブロックを積み上げていきます。大人が指示しているわけでもないのに、順序を守ってトロッコを動かしたり、踏切を上げて通してあげたり、家を作っている子にクレーンでブロックを渡してあげたり、自然と協力しながら作業しているのです。ちびっこたちがあくせく働いていて微笑ましい!娘もここが大好きで、汗だくになりながら時間も忘れて遊びます。

 

小劇場でのスペクタクルも必見。それも単なる人形劇ではなく、例えば「カムフラージュする動物たち」というテーマで、なぜカメレオンは色を変えるのか、なぜチョウチョやクジャクはあんな柄をしているのか、見ているこどもたちも参加しながらお話をしてくれます。最後は登場した動物の物まねダンス!楽しみながらお勉強をすることができて、こどもも大人も大満足!

 

こんな風に遊んでいると、1時間半はあっという間に過ぎてしまいますが、La villette公園のいいところは、施設を出ると広い芝生が広がっていること。天気のいい日はここで、ごろーんと横になって、大きな空や運河を眺めながら、自然について考えをめぐらすことができます。公園内には、潜水艦や植物の研究ができる庭園(予約制)や、こども向けの公園もあり、1日遊べます。cite des science内には水族館やプラネタリウム、展覧会もあるので、天気が悪くても大丈夫!

 

もしパリの日曜日に退屈していたら、ぜひ足を運んでほしいスポットです!

 

Cité des enfants(La Villettes公園内Cité des sciences et de l’industrie Grand Floor)

住所 30 avenue Corentin Cariou 75019 Paris FRANCE

http://www.cite-sciences.fr/fr/au-programme/expos-permanentes/la-cite-des-enfants/

OTHER ARTICLES

2015.10.02(Fri)

風邪を引いたらアロマテラピー!
Tomomi
Tomomi

2015.09.14(Mon)

パリで過ごす子連れの日曜日 パリ郊外のお城へ遠足編
Tomomi
Tomomi

2015.08.31(Mon)

フランスの結婚式は食べて踊って。一日がかりの体力勝負!
Tomomi
Tomomi

RECOMMEND

2017.03.14(Tue)

突然起きた子どもの自転車事故。「もしも」について考えるきっかけに。
Yukie Liao Teramachi
Yukie Liao Teramachi

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2017.03.14(Tue)

#01「食の大切さ」「過保護になりすぎない」~蛯原英里さんに聞く、ママになって気がついたこと~
加藤朋美
加藤朋美