tend Editorial Team
tend Editorial Team

2013.10.21(Mon)

常に進化するマカロンやパティスリー ジャン=フィリップ・ダルシー

街の中心にあるジャン=フィリップ・ダルシー リエージュ店。常にスイーツ好きな客で賑わっている。

街の中心にあるジャン=フィリップ・ダルシー リエージュ店。常にスイーツ好きな客で賑わっている。

ベルギーを代表するショコラティエ、ジャン=フィリップ・ダルシー。トレンドを取り入れたモダンでラグジュアリーな彼の作品は、彼の故郷であるベルギー東部のヴェルヴィエという小さな街のアトリエで生み出されています。 ベルギー国内では7店舗を展開していますが、このヴェルヴィエにほど近いリエージュのブティックが2013年9月にリニューアルされました。古いシアターの隣に構えるショップは、ティーサロンを兼ねたモダンでハイエンドな空間になっています。
キャプション2

カウンターには、全て職人によって手作りされたパティスリー、マカロン、チョコレートバー、プラリネが上品に配置され、高級感が漂う。

店内に入ってすぐのショーケースにはパティスリーとマカロン、そして奥にはプラリネとチョコレートバーがずらりと並ぶ長い作り。高い天井、モノトーンとダークブラウンを組み合わせた基調、無駄のないシックなインテリアがとてもハイセンスで上品です。そして奥の壁を仕切りに、10席ほどのティーサロンが設けられています。 リニューアル前はサラダや軽食を頼めるランチルームが店の大半を占めていましたが、パティスリーとチョコレートのカウンターを別々に広く設けることでより商品を選びやすく、またティーサロンを別に隔てることで落ち着いたスペースを創り出しました。
キャプション3

ジャン=フィリップ・ダルシーのシグネチャーである美しいマカロン。カラフルで大胆な色使いとストライプが特徴のパッケージデザインが人気で、ギフトとして買っていく人も多い。マカロン18個の箱入りセットは24ユーロ。

ジャン=フィリップ・ダルシーは、ベルギー国内では特にカラフルで可愛らしいマカロンが有名です。外側は軽くサクサクとした食感で、内側は濃厚で驚くほどしっとり。時にはフレッシュフルーツを使ったクリームと、生地がうまくかさなり合って味を引き立て、その力強いフレーバーはいつまでも口の中に漂います。大きさ、見た目、食感、味、全てにおいてパーフェクトなマカロンが支持されるのは納得。 また毎月、限定フレーバーのマカロンをリリースし、すみれやオリーブ、日本の宮川みかんや柚子など原料にもこだわった新しい味の開拓に努めているそうです。毎年10月にリエージュで行われる地元のフェスティバルで出店した際には、ラクモンというリエージュ発祥のクッキーのフレーバーをマカロンで再現、限定販売し、1日で300個も売り上げるほど好評を博しました。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.23(Wed)

ママの憧れ!長谷川京子おすすめのスキンケアアイテム2選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.09(Wed)

保護者会にぴったりなワンピース6選!きれいなママを目指そう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.09.08(Tue)

おしゃれなおしゃぶり6選!素敵なおしゃぶりでハッピーに過ごそう
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2020.06.15(Mon)

キッズ向けの家具も探せる!|家具通販におすすめの人気サイト【9選】
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.09(Tue)

肌が変わったなと思ったら 今すぐ始めるシミ対策※! ※メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.11(Wed)

2019年イケママの間でブームになったファッションアイテム大特集!
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.08.31(Mon)

幼稚園におすすめのシンプルなお弁当箱5選。おかずの彩りが美しくなる
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.11.03(Sun)

めんどくさいママ友の特徴10選!関わらない方法も紹介
tend Editorial Team
tend Editorial Team