tend Editorial Team
tend Editorial Team

2014.05.19(Mon)

パリ9区、パティスリーと本屋がマリアージュ!今注目の新業態

オープンなショーウインドー。

オープンなショーウインドー。

パリで注目のエリア9区に、2014年3月20日にユニークなショップ「ユンヌ・スリ&デ・ゾム」がオープンし話題になっています。コンセプトは「パティスリー&ライブラリー(本屋)」。ゆったりとした空間で、フレッシュなパティスリーを味わってもらうことが狙いです。オーナーは、ダミアン・ティクシエ、イネス・テヴェナール、レジス・ペルの3人。3人とも30代前半の若いチームです。 もともとダミアンとレジスは、コンピューター関連の仕事をしていたときの同僚でした。もっと人生を楽しめるような仕事をしたい……そんな夢物語を2人の間で交わしていましたが、少しずつそれが本気になっていったそうです。
ダミアンがセレクトする本が並ぶ本棚がコージーな雰囲気に。料理関係の本もたくさん。

ダミアンがセレクトする本が並ぶ本棚がコージーな雰囲気に。料理関係の本もたくさん。

まずレジスは、パティスリーに興味を持って、パティシエのCAP(職業証明書)を獲得する勉強を始めました。そして、ライブラリー付きのサロン・ド・テを作ったらいいのではないかとダミアンが提案。ダミアンは、ライブラリーを経営するのに必要な勉強をすることのできる、国家学士院にて研修をすることに。こうして夢の実現に近づくうち、レジスがパリ郊外にある名店ステファン・グラシエで仕事をしているときにイネスに出会い、意気投合。3人で店作りに挑むことになったのでした。 店はホワイトの壁を基調にして、青や黄色などのカラーアクセントも効いています。奥がライブラリーコーナーで、ダミアンが選んだ本が並んでいます。本棚のあるスペースは、ゆったりとした空間を演出してくれるから不思議です。
ショーケースにはパティスリーが常に8種ほど用意されています。旬の素材からインスピレーションを得たフレッシュなパティスリーばかりで、一見シンプルに見えますが、1つ1つとても繊細な創意が凝らされていて軽やかな仕上がり。レジスもイネスも、「ステファン・グラシエ」の他「デ・ガトー・エ・デュ・パン」「セバスチャン・ゴダール」などベースのしっかりした店で経験を積んでいたからこそ、説得力ある仕上がりとなっているのも魅力です。
(左)スペシャリテ『ドラガト』。アーモンド風味たっぷりのドラジェのムースに洋梨のクーリを合わせて。/(右)『タルトキャラメル』。中にチョコレートフォンダンが隠されているのが驚き。チョコレートとキャラメルの上品な組み合わせ。

(左)スペシャリテ『ドラガト』。アーモンド風味たっぷりのドラジェのムースに洋梨のクーリを合わせて。/(右)中にチョコレートフォンダンが隠されているのが驚き。チョコレートとキャラメルの上品な組み合わせ。

こちらのお店のスペシャリテは『ドラガト』。ドラジェとガトーの造語で、ドラジェをベースにしたパティスリーです。ドラジェ風味のムースの中に、爽やかな洋梨のクーリ、ドラジェのカリカリとしたストリュッゼル、アーモンド生地を閉じ込めています。アーモンドと洋梨という洗練された組み合わせは秀逸でしょう。 また、店一番の人気のパティスリーは『タルトキャラメル』。キャラメルムースの中に、チョコレートのフォンダンビスキュイを隠しているという驚き!上品な味わいの組み合わせです。クラシック&シンプルに見えるのに、常にパティスリーの中にこうしたサプライズがあるのが、この店のパティスリーの魅力といってもいいでしょう。
(左)クララはグルテン無しのパティスリー/(中央)季節のイチゴとルバーブを閉じ込めたチーズケーキ/(右)左からダミアン、イネス、レジス。

(左)『クララ』はグルテン無しのパティスリー/(中央)季節のイチゴとルバーブを閉じ込めた『チーズケーキ』/(右)左からダミアン、イネス、レジス。

『チーズケーキ』は、チーズクリームのムースのなかにスペキュロスのビスキュイとイチゴ&ルバーブのクーリが隠されていましたし、『イチゴのタルト』ではイチゴの下に敷き詰めたクリームはパッションフルーツ風味でした。『レモンタルト』では、イタリアンメレンゲの下に、手作りのレモンコンフィをしのばせています。さらに、そのレモンコンフィはジャムの瓶に詰めて販売もしています。同じく瓶詰めのプラリネのチョコレートペーストも手作りならではのおいしさが。 また、ミニクグロフなどのオリジナルヴィエノワズリーを季節のサラダなどともに添えた、色鮮やかな週末のブランチもおすすめです。週末はたくさんの家族連れで賑わっています。

店鋪情報

名称: Une souris&des hommes/ユンヌ・スリ&デ・ゾム
住所: 17 rue de Maubeuge 75009 Paris
電話: 09.81.76.17.74
営業時間:12:00〜19:30(火〜金)、11:30〜19:30(土)、11:30〜18:00(日)
http://www.unesourisetdeshommes.fr

プロフィール

伊藤文(いとうあや):料理ジャーナリスト 1993年渡仏。コルドンブルー料理学校パリ校卒業後、フランスの食文化を掘り下げる取材を重ねる。 著書に『フランスお菓子おみやげ旅行』、訳書に『招客必携』、『ロブション自伝』など多数。

powered by Super Sweets

OTHER ARTICLES

2022.03.13(Sun)

安全運転、できてる自信ある? 今すぐチェック!手軽に運転診断できるアプリ2選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2021.12.16(Thu)

香りで行う子どもの感性教育レポ!ゆずの香りから小学生のオリジナル絵本が誕生
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2021.10.26(Tue)

【皮膚科医監修】肌にいいものが入っていかない…お悩みを解消するスキンケアの秘策を伝授!
tend Editorial Team
tend Editorial Team

SPECIAL

2021.05.21(Fri)

キッズ向けの家具も探せる!|家具通販におすすめの人気サイト【9選】
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2021.03.06(Sat)

ひとくち食べたら感動が口に広がる! イスラエル生まれの新柑橘「オア」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2021.03.02(Tue)

地中海太陽の恵み「サンライズ ルビーグレープフルーツ」
tend Editorial Team
tend Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.09(Tue)

ママ!!「おひざが黒いよ。」と言われたこと、ありませんか?
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2021.07.02(Fri)

赤ちゃんに与えたいオーガニックぬいぐるみ6選
tend Editorial Team
tend Editorial Team