アバター
佐藤にの

2014.11.19(Wed)

ママライフ・ホリック! ママに、人生をデザインする喜びを。(Page.1)

nino-1_141119

皆さん、はじめまして。
クリエイターママによる総合制作チーム「クリエイティブマムズリンク」を運営している、ディレクターの佐藤にのと申します。
WEB制作やパンフレットなど紙ものの制作をしたり、ママプロジェクトのプランニングを行ったりしています。

メンバーは、デザイナーやライター、WEBを作るコーダー、モノゴトを広めるPRなど専門スキルを持ったメンバーで構成されていて、全員がママであり、フリーランスです。

独身の時に築いたキャリア+ママになって身に付いた“世の中を見る目”で、いろいろなクリエイティブを手掛けています。


nino-2_141119

■子持ちなのに、フリーランスを選んじゃうの?

私たちには、時々こんな質問が届きます。

― なぜ、ママなのにフリーランスなの?
― ぶっちゃけ、雇用される方が、生活が安定するんじゃないの?

はい、その通り。 フリーランスには確かに、収入が不安定で、仕事探しが大変なイメージもあります。
いつも締め切りに追われていたりバタバタしていたりと、何かと忙しそうな印象も。

でもその最大のメリットは、勤務時間に縛られなくていいこと、なんです。
これって、子どものお世話や家事など自分より優先しなきゃいけないモノゴトがたくさんあるママにとっては、すごく魅力的。
子どもや自分の都合に合わせて仕事をカスタマイズできるから、心にも身体にもストレスが溜まりにくいんです。

もちろん、会社勤めをするメリットだってたくさんあります。社会保険や福利厚生などの恩恵を受けられたり、毎月一定のお給料が頂けたりなど、地に足の着いた安定感といったら雇用に勝るものはありません。

でも雇用される限り、会社時間に子どもと自分の生活をあてはめなくてはいけない。

例えば、子どもが熱を出し、保育園から呼び出されて早退しなくてはならないとき、お迎えのために定時上がりをするとき。新しいプロジェクトの立ち上げに関われないとき。
会社の枠組みの中にいると、どうしても肩身の狭い思いをしなくてはならないことや、仕事の能力以外の部分で評価判断されることが多々あるのです。
わたしが以前勤めていた会社でもそうでしたし、これは現在の日本社会ではまだまだ整備されていない、根っこが深~い部分の問題です(これについては、また改めて!)。

そして、子どもがいることがリスクだと感じさせられてしまうことほど、ママを追い詰めるものはありません。「頑張っても仕事で評価されない、子どもにも会社にも申し訳ない」って思ってしまうんです。

子どもを守るため、生きていくために働くことを選んだはずなのに、苦しさが募るばかり。
こういう気持ちで、毎日、戦っているママたちがどれほどいることか。



[NEXT]仕事との関わり方も、時間の使い方も、自分で選び取ろう! ≫

▼ママ目線・プロ制作で「社会の穴」を埋める総合制作チーム
クリエイティブマムズリンク
http://www.creativemama.org/
→ デザイナー、ライター、ディレクター、コーダーなどのスキルをお持ちのママをこちらから募集しています。
ブランクがあっても、スキルを身に着けたい初心者さんでもOK!
一緒にママ目線のクリエイティブに、取り組みましょう。

▼ママによる受動喫煙防止活動
親子あんしんレストランMAP
http://www.creativemama.org/oyakoanshin/index.html
→ 制作スタッフ、ボランティアスタッフを募集しています。
こちらからお気軽にご応募ください。

OTHER ARTICLES

2016.08.30(Tue)

この秋、何する?“子どもの感性”っていうアートを楽しむコンテストをご紹介
アバター
佐藤にの

2016.08.09(Tue)

公園も遠出もイベントも楽しもう!フリーランスママ的、夏のお出かけバッグ&グッズ
アバター
佐藤にの

2014.12.26(Fri)

ワーカホリックだからって女は捨てない!フリーランスママ的超時短美容コスメ
アバター
佐藤にの

RECOMMEND

2020.10.12(Mon)

【3歳七五三】おしゃれワンピースで上品に!おすすめブランド6選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.10.07(Wed)

ママが喜ぶ!ギフトにぴったりなバスローブ7選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2018.11.16(Fri)

キーワードは“除菌” ママもドクターも安心・納得!正しい加湿器の選び方
tend Editorial Team
tend Editorial Team