浅野陽子
浅野陽子

2015.05.04(Mon)

野菜の“葉っぱ”も捨てずにおいしく 「セロリと大根の葉のふりかけ」

こんにちは、フードライター&エディター浅野陽子です。野菜、食べていますか?

「子供や家族みんなのためにたくさん野菜を」、と買い込んだものの、意外と冷蔵庫の中でかさばり、しかも使い道に困るのが野菜の“葉っぱ”類。

 

①野菜全部_150430


もったいないと思いつつ、結局捨てているというママも多いのでは?細かく切れば野菜炒めやスープにちょこちょこ活用できます。買ってきたら少しだけ下処理して、冷蔵庫で「いつでもスタンバイ」状態にしておくのがコツです。

 

②野菜葉っぱ_150430

使いにくい葉っぱベスト3(?)はセロリ、大根、かぶでしょうか?買ってきたらできるだけ早くフレッシュなうちに、葉っぱ部分を茎ごと切り落としてしまいます。

 

③葉っぱ水浸け_150430

泥がこびりついて流水だけだと落ちにくいので、10分ほど水にさらしましょう。その間ボウルの中で、水を替えながら見える部分はこすり洗いすれば完璧!

 

④バット_150430

よく水を切り、ざっと拭いたらキッチンペーパーを敷いたふた付きのバットに保存します。ここまでが下処理。この状態にしておけば冷蔵庫で4~5日ほど持ち、切って野菜炒めや味噌汁・スープの具にしたり、パスタに入れたりいつでも使えますよ。今回はこの葉っぱだけを使っておいしい「ふりかけ」にするレシピを紹介します。

 

⑤_葉っぱきざみ_150430

「セロリと大根の葉のふりかけ」

<材料 作りやすい分量>

・セロリの葉と大根の葉(各1~2本分)

・ごま油 小さじ2

・酒 大さじ1~2

・しょうゆ 小さじ2

・炒りごま(白) 少々

・赤唐辛子 1本 ※半分にちぎって種を抜く

・豆板醤 少々(あれば)

大根とセロリの葉を茎ごと、できるだけ細かくきざみます。

 

⑥葉っぱ炒め①_150430

フライパンにごま油を熱し、赤唐辛子を炒め、葉っぱもさっと炒めます。

 

⑦葉っぱ炒め②_150430

全体に油が回ったら、残りの材料をすべて入れ、しんなりしたらできあがり。あっという間に完成です!赤唐辛子、豆板醤はお好みで。辛いのが苦手な方は、入れなくても。

 

⑧ふりかけ完成_150430

葉っぱを下処理しておけば、すぐに作れてしかもすごくおいしい、便利なレシピです。白いごはんだけでなく、ゆでうどんに温泉卵と一緒にのせたり、冷奴や納豆のトッピング、またそのままでおつまみにも。ビールにも合いますよ。

 

▼こちらもお待ちしています!
「フードライター浅野陽子の『美食の細道』」(ほぼ毎日更新中)
http://asanoyoko.cocolog-nifty.com/blog/

OTHER ARTICLES

2017.03.14(Tue)

先輩ママがお手本の“ゆるっと長~く続ける”家族の食事ケア
浅野陽子
浅野陽子

2017.03.14(Tue)

「保障の備えあれば(突然の長期入院も)憂いなし!」を痛感のアラフォー出産記
浅野陽子
浅野陽子

2016.11.25(Fri)

ニューヨークグリルランチ後にぜひおすすめ、無料で安全な遊び場「OZONE キッズパティオ」
浅野陽子
浅野陽子

RECOMMEND

2020.10.06(Tue)

子連れキャンプに必須!絶対忘れたくない持ち物12選
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2019.06.10(Mon)

紫外線によるシミ・シワなどにつながる? ストレス肌がもたらす光老化の危険性とその対策
tend Editorial Team
tend Editorial Team

2020.06.26(Fri)

子供が寝ないときどうする?子供の寝かしつけにおすすめのYouTube動画10選
tend Editorial Team
tend Editorial Team